増田建設株式会社

Initiative

増田の取組

建設業界は産業構造上過重労働に陥りやすく、働き方改革を進めていくうえで大きな課題となっています。
またグローバル化や少子高齢化が進む現代において、女性人材の活躍は、企業の発展及び地域の発展の
ために必要不可欠な課題ととらえております。
そこで当社では、「効率的で生産性の高い働き方」を実現し、「仕事と生活を共に充実」させ、「健康的
でいきいきと働ける」ワークライフシナジー(仕事と生活の相乗効果)の確立を、働き方改革の目標とし
て以下の取り組みを実施しております。
また、ひとり一人の社員の心身の健康維持と増進を経営上の重要な課題とし、外部専門家(保健師、キャリ
アコンサルタント等)との連携を密にしながら取組みを進めて行きます。

1

労働時間・安全衛生

週休2日工事への取組み
技術職・事務職(2021年で年間123日)
ICT施工や最新測量機器の導入による生産性の向上と省人化を図ることにより、土曜日の完全閉所を目指しています。
(国交省工事では100%実施)
技能職休日:土日 他(2021年で年間108日)
2021年4月より、1年単位の変形労働時間制を適用(7.5H/日)
※繁忙期は経験豊富なOBの活用等により人員の不足をカバーする。

年次有給休暇消化義務への取組み&企業独自の休暇制度
有給休暇 5 日以上/年 取得を目標としています。(働き方改革関連法) 新規採用及びそれに準じる若年者:有給休暇 1 日/月 取得できます。 (入社後6ヶ月間)

企業独自の休暇制度
アニバーサリー休暇制度を導入し、各人が決めた記念日(本人または家族の誕生日、結婚記念日等)に積極的に有給休暇を取得できます。
GW、年末年始は、連続休暇が取れるように特別休暇を設けています。
結婚、出産等のライフイベント時には、有給休暇とは別に特別休暇を取得できます。

長時間労働に対するケア
勤務時間は毎月作業内容の確認を行っており、不適切と思われる勤務についてはその都度ヒアリング等を行っております。
MOS認定者等の有資格者による現場サポートや、計画的な有休・代休の取得促進などの取組みを行なっています。
安全衛生面での配慮・健康増進
毎月開催しているの全社員参加の会議で、健康に関するコラムを配布し健康サポートのための情報提供をしています。
心身の健康を維持するために、保健師(協会健保)による健康相談制度を設けています。
キャリアコンサルタント相談制度を設けています。

2

女性活躍・多様な働き方

育児・介護休業の取得支援
育児休業は、子供子供が 1歳半になるまで取得できます。
3歳未満の子を養育する社員は、育児のための短時間勤務制度を利用できます。
介護休業(93日)は、状況に合わせて何度でも分割して取得でます。 女性技術者の就業促進・離職防止として、家庭(育児・介護等)と両立ができる体制の構築と制度の整備を進めています。
女性の活躍推進佐賀県会議に登録し取組を実施中。
社員全員が制度を利用しやすい雰囲気をつくり、気兼ねなく休暇がとれるように、佐賀県の「子育て応援宣言事業所」に登録しています。

3

若年者の採用・定着

技能・資格取得支援
業務上必要となる資格については、講習会・セミナー・研修会等の費用(交通費を含む)は会社負担としています。
キャリアコンサルティング制度
職業生活設計や能力開発などを、専門家であるキャリアコンサルタントに相談でき、キャリアアップに役立ててもらいます。
その他
現代的なユニフォーム(作業着・保護具等)を採用しています。